虫は見たくない!

一人暮らしの大敵、虫

虫が苦手というのは男女ともに多いです。
一人暮らしで虫が出ると自分で対峙しなければなりません。

害虫は触ったり駆除したりするのはもちろん見たくないという人も多いです。
完璧に防ぐことは難しいものの、できるだけ防ぐことができるよう予防策を知っておきましょう。

大事なのは侵入させないこと

何よりも大切なのは虫を侵入させないことです。
窓や玄関といった侵入経路を長く開けることを避けるのはもちろんですが、他にも侵入できる場所がないか確認し、ふさいでいく必要があります。

暑い日は窓を開けてもサッシを閉じていれば虫が入らないと思いがちです。
しかしサッシが破れていたり少しすき間ができたりしていることもあります。
網戸が破れていたら修理をしたり、すき間ができる場合にはサッシのゆがみを直したりしてすき間をふさぎましょう。

排水管も虫が侵入してくる経路の一つです。
そこで排水溝には細かいネットをつけて入れないようにしたり、ベランダのドレンホースに取り付ける侵入防止キャップを付けたりしておきましょう。

水回りは清潔に

水回りは虫が寄ってきやすい場所です。
特にキッチンはエサとなる生ごみがある場所なので掃除のときに気を付けるようにしましょう。
生ごみの集まる排水管部分や三角コーナーのごみは水気を切ってできるだけ早いうちに密封します。

食器をなかなか洗わずに放置するのも危険です。
ゴキブリが寄ってきたりコバエが発生したりする原因となります。

ゴキブリには置き型の駆除剤を

生活をしていてふとした時にゴキブリを目撃してしまうこともあります。
一般的に4階以下の部屋であれば部屋を清潔に保っていても外からゴキブリが侵入してくることは可能です。
そのため見かけたときはもちろんのこと、万が一出たときのためにも駆除剤は置いておく方が安心できます。

部屋の中に置いておけばゴキブリ駆除材の中にゴキブリが入り卵が産まれたり巣ができたりすることもないので安心です。
部屋の中だけでなくベランダにも置いておくと外から入ってくることも防げます。

虫が多い場合にはスプレーを用意

家の周りに自然が多いと玄関での出入りだけでも虫が侵入してきてしまうこともあります。
虫が入ってくることが頻繁な場合には都度退治できるようにスプレーを購入しておく方が安心です。

虫が出てきてすぐにスプレーができるよう、置き場所もよく考えるようにしましょう。
遭遇しやすい場所を記録に残しておくと置き場所を決めやすいです。

駆除剤をしてその場で退治するのはもちろんですが、駆除剤を撒くことで玄関や窓から逃がすということもできます。
とっさの時に自分で退治するのが苦手な人はスプレーを持っておくと外に追い出すことにも使えて便利です。

LIFE
甘いものがやめられない

甘いものがやめられなくて困るんですけど イベントになればチョコレートやケーキなどの甘いものの誘惑がつ …

LIFE
女子は何キロからぽっちゃり?

ぽっちゃりってどこからぽっちゃりなんだろう 女子大生になると周りのみんなも体型に気を使ってきれいにし …

LIFE
治安だけじゃなく防犯も大事

女子大生が自分の身を守るために 実は女性を狙った犯罪って強盗が多いらしい。その次がストーカー。これは …