みんなってどのくらい勉強しているの?

大学生になっても勉強はある

大学生になったら勉強がなくなる、遊べると主追っている人も少なくありません。
しかし大学も勉強する場所であり、課題もあります。
残念ながら大学生になっても勉強はしなければならないのです。

大学生になると何時間くらい勉強することになるのでしょう。
ここでは大学生の勉強時間とその内容を紹介します。

大学生はどのくらい勉強するのか

大学生に普段の勉強時間を聞くと半数以上が1時間未満と答えています。
ほとんどの人は毎日大学の授業以外にはほとんど勉強していません。

それに対して試験前には勉強時間が2時間から3時間に増えます。
大学生になっても試験はありますし、そのためには勉強をしないといけないのです。

大学生の試験勉強をする場所は自宅が最も多いですが他にも図書館やカフェといった場所で勉強しています。
大学生になっても一番落ち着いて勉強できる場所は自宅なのです。

大学生の試験勉強の方法

大学生になっても試験勉強の方法は高校生までの方法を続ける人が多いです。
試験対策用にノートを用意して穴埋めをチェックしたり、赤シートで教科書を隠すことができるよう重要項目を緑ペンで隠したり、ひたすら書いて暗記したり、人によって方法は違います。

大学生の試験や課題では暗記をしなくても覚える必要がある項目もありあますし、レポートもあり、勉強のゴールも試験科目や担当の先生によって様々です。
そのため中には試験勉強として事前に先生が指示した問題の答えとなる記述を作成することもあります。

自分の試験勉強対策アイテムを持っておこう

試験勉強も好きな科目や得意な科目であればどんどんと進めることができます。
しかし苦手なものにあるとなかなか取り組むことができないものです。

せめてモチベーションを上げるグッズがあれば楽しみながら勉強ができます。
そこで勉強が苦手な人、嫌いな人は自分に合った勉強しやすい勉強対策アイテムを持っておきましょう。

大学生の主な勉強は学内で行われる定期試験に向けての勉強です。
しかし中には資格試験を受験するという人もいます。

資格試験は試験によって難易度も様々です。
中には国家試験のように国家資格を取得するための試験もあります。

難易度の高い試験になると一晩では準備が足らず数か月かン試験準備期間が必要です。
長い期間集中して取り組むためには勉強が快適になるグッズを持っておくようにしましょう。

グッズはどんなものでも構いません。
勉強に使うシャープペンシルやノートといったものでも良いですし、集中しやすくするためのエナジードリンクや耳栓でも問題ないです。
大切なのはこれを遣ったら集中できる、これを持っておくと安心というアイテムを作っておくことであり、このようなお気に入りアイテムがあるとアイテムを使い始めると自然と集中できるようになります

STUDY
夏休みってどう過ごしている?

大学生の夏休みは長い 大学生になると高校生までに比べると1か月以上休みが長くなります。 夏休みは7月 …

STUDY
勉強のやる気がでない…

勉強のやる気が出ない 学生には勉強をしなければならない場面が必ずあります。 どれだけ好きな内容であっ …

絵画 買取
STUDY
美術館でアートのお勉強♪

2019年の春にリニューアルした東京現代美術館。日本が色んな意味でにぎわっていたバブル時代に建てられ …