大学生から資格は取っておくべき?

資格を取るとメリットが

資格を取るメリットはいくつかありますが、そのうちの1つは将来のキャリア設計に繋がることです。
どういう資格を取ろうとしたか、資格の勉強をしているときにどういう内容に興味を持ったか、このような点で自己分析をすることで、将来就きたい職業や適性のある職業が浮かびあがってきます。
また、資格を持っていると就職に有利になったり、入社先によっては給料に手当てがついたりします。
面接先の業種でも使える資格を持っていれば、きちんと業界について勉強しているというアピールにもなります。

仮に違う業種の資格だとしても、学生時代にきちんと勉強していたというアピールができます。
合格したということはそれまでに努力や工夫をしたということなので、面接での自己アピール材料になり得るのです。
入社後は、資格手当制度があるか、所持している資格が条件に該当しているかを確認してみましょう。
会社説明会で公開されている場合もあります。

大学生は社会人と比べて資格勉強の時間が確保しやすく、勉強の習慣もまだ残っているため、間違いなく合格しやすい環境にあります。
受験勉強の知識が役立つ場合もあるので、興味のある資格や就きたい職種に関係している資格があれば、ぜひ取ってみるといいでしょう。
学校によっては資格が単位として認定されたり、商品券などのちょっとしたお祝いがもらえたりすることもあります。

資格勉強は難しくない

資格の勉強をするときは、基礎レベルのものから始めて徐々にレベルを上げていくようにしましょう。
最初から取りたい資格の勉強を始めるのは悪、というわけではありませんが、基礎が身についているかどうかで理解力に差が出ます。
2級をとりたければまずは3級の取得からというように、段階を踏むことで知識も定着しますし、モチベーションを保つことも可能です。
同じ資格を取得しようとしている友達がいれば、一緒に勉強をするのもモチベーションの維持に繋がります。

勉強方法についてですが、自分で参考書や問題集を買って勉強するのがまず1つです。
書店に行けば1つの資格に対して複数の参考書などが出版されているので、内容を確認して自分に合いそうなもの、勉強する気になるものを購入するといいでしょう。
大学の図書館に置かれていることもあるので、そちらを確認してみるのも手です。

大学によっては、資格取得のための講座を開講していることがあります。
情報収集をしてみて、興味のある資格や取りたい資格の講座がある場合は受講してみるといいでしょう。
大学で受講できないとしても、民間の通信講座を受けるという選択肢があります。
どちらも費用は高くないことが多いので、自主学習で行き詰まりを感じた人や、自主的に勉強するのが苦手な人は受講の検討をおすすめします。

STUDY
再履修科目が必須科目と被ってしまったら

再履修とは? 大学では、シラバスに則って自分が履修すべき科目を受講し、単位をクリアしないと進級や卒業 …

STUDY
試験勉強するならココが捗る♪池袋のオススメカフェ5選

池袋で勉強のできるカフェを紹介 池袋は、大学や各種学校が集中している文教エリアとして知られています。 …

STUDY
大学の定期試験は過去問が必須

過去問は非常に大切 過去問を入手できれば、大学の定期試験は突破できたと言っても過言ではありません。 …